top›プロフェッショナルな仕事とは何か?

プロフェッショナルな仕事とは何か?

<広告>

<広告>

プロフェッショナルの意味は『ある物事を職業として行い、それで生計を立てている人』となっています。 ですからこの世の中にある仕事は、すべてにおいてプロフェッショナルな仕事と言えるのではないかと考えられます。

プロのスポーツ選手等を除いて、仕事をしている人たちに対して使うプロという言葉が有ります。 その言葉の意味合いとしては、責任を持って仕事の出来る人をプロと呼ぶ事が多いように感じられます。

お客様の立場であれば、勤務年数など関係なく、対応してくれる人は全てプロであり、自分自身に無い情報の提供を求めたりサービスを受けるわけです。 つまり第三者に認めてもらい初めてプロとして扱われるので、自分自身のことをプロと自称することは出来ません。

また専門分野を極め、その事柄に精通した人たちをスペシャリストと呼びます。 自分自身がプロになる為には、何もプライベートな時間を割いて仕事についての勉強をしたり、間違えや失敗の無い人間でなくてもいいと思うのです。

要は心の持ち方が大切です。 具体的に例を挙げるとすると、勤務開始時間よりも数分早く会社に着いている事を続ける、会社の決まりやルールを確実に守り、尚且つそこに思いやりや心遣いが出来る等です。

簡単でいて難しいそんな単純な事が、実は重要で信用も得られる行動です。 プロ意識を持って仕事に当たれる人達が、1つの企画を成し得たり、お客様に誠実な対応をする事が出来るのではないかと考えています。

そんな人たちの集まり、若しくは個人で、プロフェッショナルな仕事が出来るのです。

私の身近な人で、数十年間鳶の仕事をしていた人がいます。 怪我をすることもなかった方が、資材を持つ部分を誤りバランスを崩し資材と共に高いところから落ちて亡くなったと聞かされたのです。

本当のプロであれば、会社の安全を確保する決まりを忘れず、安全帯をつけ作業をしていたはずです。 勿論このトラブルによる会社に与えたイメージや損失は必ずありますし、何よりも尊い命が失われたわけです。

個々人の気持ちの持ち方が、プロフェッショナルな仕事に繋がると私は確信しています。

<広告>

大学生就職コラム
なぜ就職しなければいけないの? 会社ってどういうところ? どうやって就職活動を進めればいいの? 就職活動を始めるにあたりに戦略を立てる
就職活動の長期計画の立て方 会社で働くのはやっぱり大変なの? エントリーシートの書き方は? 志望企業の情報収集はどうやってする?
会社説明会ってどうやって行くの? 自己分析をしてみよう! 自己分析を自己PRや志望動機につなげるためには 履歴書の書き方の基本ポイント
筆記試験ってどんな問題が出るの? 面接の流れ 集団面接って何するの? グループディスカッションって何するの?
個人面接って何するの? 役員面接って何するの? どんな企業や業界があるの? 銀行業界 業界研究
証券業界 業界研究 生保・損保業界 業界研究 建設・不動産業界 業界研究 鉄鋼業界 業界研究
製薬業界 業界研究 食品・飲食業界 業界研究 運輸業界 業界研究 自動車業界 業界研究
電機業界 業界研究 マスコミ業界 業界研究 流通・小売業界 業界研究 ゲーム・映画業界 業界研究
通信業界 業界研究 アパレル業界 業界研究 コンサルティング業界 業界研究 公務員 業界研究
良い会社を見抜く方法は? プロフェッショナルな仕事とは何か? 就職活動にふさわしい服装・持ち物は? 仕事を通じて自分がどう成長してきたいかを考えてみる
採用のプロフェッショナルの本音 企業側は良い人材探しに必死 採用担当者からの質問はなぜ課外活動に関する質問が多いのか? 自分で考える力を身につける
やりたい仕事にこだわりすぎるな! 新卒採用と中途採用の比較 世の中はあなたの知らない仕事だらけ みんなに良い会社ではなく、自分に相性の良い会社を探す
就職活動中にたくさん企業に出会っておくのはいいことだらけ なりたい自分を演じることによって、やがて本当になる 短所は言い方を変えれば長所にもなる 企業が欲しがる人材とは?
やっぱり正社員の方が得なの? 大学は就職予備校ではない 勉強しないでバイトやサークル活動をやったほうが就職に有利なの? OB・OG訪問してみよう!
会社四季報を見てみよう!      

<広告>

<広告>